Cedar Worldwide

  • Print

Japan

Cedar has been advising Japanese clients globally since the mid-eighties. The primary focus has been the assessment of global markets, product & competitive dynamics, and in the development of market strategy for accelerated global growth. Cedar has significant manufacturing sector expertise and has helped Japanese clients in the food & beverage, printing & imaging, telecom, electronics, metals, energy, industrial and related equipment sectors. In addition, Cedar is in a position to not only assess opportunities and develop strategies but also in the execution of the strategy including joint venture/M&A transactions, new plant location and operations set-up, due diligence, component/vendor sourcing, implementing sales/marketing & supply chain processes, and implementing HR and IT strategies.

Cedar’s network office in Osaka and Japanese speaking team members further strengthens its commitment to its Japanese clients.

In the current COVID-19 economic and business crisis, Cedar can assist clients surgically assess their current global market, product and competitive position and help realign it to the new market reality focusing only on that part of the business that generates profitable revenue in the short-term. Over-dependence on the Chinese market may need to be de-risked by aggressively growing in other markets like India.

For clients that are significantly dependent on China for their supply-chain, Cedar can rapidly develop alternate sourcing options not only from India, but other alternates in Asia, Europe, Turkey, LATAM, and even in the US itself.

It’s time for Japanese companies to look beyond its historical markets and sources.

Click here to read the COVID-19 Special Issue of CedarView Quarterly

 

新しいヘッダーテキスト

新しい市場とソースを見る時が来ました

シーダーは、80年代半ば以降、日本のクライアントにグローバルにアドバイスを提供しています。 主な焦点は、グローバル市場の評価、製品と競争のダイナミクス、および加速されたグローバル成長のための市場戦略の開発です。 シーダーは製造部門での豊富な専門知識を持ち、食品、飲料、印刷、画像処理、通信、電子、金属、エネルギー、産業および関連機器の分野で日本のクライアントを支援してきました。 さらに、シーダーは機会を評価して戦略を開発するだけでなく、合弁事業/ M&Aトランザクション、新しいプラントの場所と運用の設定、デューデリジェンス、コンポーネント/ベンダーの調達、販売の実施などの戦略の実行にも関与しています。 マーケティングおよびサプライチェーンプロセス、および人事およびIT戦略の実装。

シーダーの大阪にあるネットワークオフィスと日本語を話すチームメンバーは、日本のクライアントへの取り組みをさらに強化しています。

現在のCOVID-19の経済およびビジネス危機において、シーダーはクライアントが現在のグローバル市場、製品、および競争力を外科的に評価するのを支援し、短期的に収益性の高い収益を生み出すビジネスの部分のみに焦点を当てて、それを新しい市場の現実に再調整するのに役立ちます。 中国市場への過度の依存は、インドのような他の市場で積極的に成長することによってリスクを取り除く必要があるかもしれません。

サプライチェーンを中国に大きく依存しているクライアントの場合、シーダーはインドだけでなく、アジア、ヨーロッパ、トルコ、LATAM、さらには米国自体で他の代替調達オプションを迅速に開発できます。

日本企業が歴史的な市場と情報源を超えて検討する時がきました。

 

  • Sign Up For CedarView

  • Sign Up For CedarView